読売新聞って最低だ!
<24日のブログ、事情があり、休みます>

 加計疑惑に絡んで、3月の参議院予算委員会。安倍さん、こう開き直った。

 《何かこの特区 あるいは様々な手続きについてですね  何か政治的な圧力を加えたがごとく今の質問の仕方ですね

 それをあなた責任とれるんですか?

 これ全く関係なかったら……私と彼が夕食、彼は私の友人ですよ でも彼から私、頼まれたことありませんよ

 この問題についてですから働きかけてません

 働きかけているというのであれば  何か確証をしめしてくださいよ

 私はね、私はもし働きかけて決めているのであれば 私は責任を取りますよ

 当たり前じゃないですか》

 そう言うのなら!と某文科省官僚が(◯◯課長補佐が書き留めた)「確証」を流したら  「前川喜平・前事務次官、歌舞伎町出会い系に」と、21日の読売新聞が社会面二番手で報道した。

 なぜ、今頃?明らかな「報復記事」である。事実であっても「お遊び」の話じゃないか?

 一流の新聞が書く話か?

 安部さんサイドが書かせたのだろう。まるで「援交・売春疑惑」があるように読ませる。「脅し」じゃないか?

 権力の片棒を担ぐ記者諸君、最低だぞ!

何だか分からない今日の名文句>

口封じ?