Author Archives: 牧 太郎

「五輪中止」でなければ、マラソン、競歩は「10月に東京」でやれ!

 以下の文章を読んでくれ!

 <金権オリンピックの最大の悪は「人も、動物も、猛暑の中で競技する」ことである。

 40℃近い暑さの8月。熱中症が続発するだろう。マラソンなどは早朝、走らせたり、コースを遮熱性舗装したりするが、選手が観客が次々倒れるだろう。(遮熱性舗装はかえって「暑さ指数(WBGT)」を高くするという研究結果があるぐらいだ)

 事実、猛暑を考慮してランの距離を半分の5キロに短縮した最近の女子トライアスロンでは、フランス選手が熱中症で救急搬送された。馬術競技では選手たちが「馬の命が心配だ」と嘆く。

 五輪招致で「日本のこのシーズンは気候温暖でスポーツには最も適している」とアピールしたそうだが、真っ赤な嘘?

 よりによって何故「猛暑の季節」を選んだのか?

 答えは簡単だ。アメリカの3大テレビネットワークが「秋には、アメリカンフットボールアドなどスポーツイベントが目白押し。オリンピックは8月にしろ!」と要求したからだ。

 アメリカのため、テレビの金儲けのため「酷暑の五輪」になってしまったのだ!>

 以上は、約2ヶ月前に、僕がサンデー毎日の連載【牧太郎の青い空白い雲732回】で書いた文章である。

 タイトルは【「金権」「猛暑」の東京五輪をメディアが批判しない理由】である。

 「五輪で金儲け」の奴ら(例えば電通)が「猛暑の8月五輪」を選んだ。

 これは犯罪的選択だ!

 この一点で、僕は「8月東京五輪」に反対し続けた。(「月刊日本」のインタビューに応え「五輪中止」を訴えたこともある)

 しかし、新聞、テレビは「五輪中止論」を黙殺した。

 その理由は簡単である。大手主要新聞社である読売、朝日、毎日、日経の4社が東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーに、産経がオフィシャルサポーターになっているからだ。

 「一業種一社」を原則とするのが、スポンサー契約だが、今回は何故か、JOCは国際オリンピック委員会と協議し、複数の新聞社の契約を“特例”として認めた。

 この「特例」の手前、新聞は「五輪」を検証して、批判することが出来ないのだ。新聞まで「犯罪的選択」に加担した。

 それが、どうだろう。

 今頃になって「金儲けのIOC」が「マラソンと競歩の会場を東京から札幌に移す」と言い出した。

 IOCのトーマス・バッハ会長は「選手の健康は我々の最大の関心事」なんて突然、言い出しているが、そんな事、前の前から分かっていることじゃないか?

 安倍首相の「原発事故の汚染水は港湾内で完全にブロックされている」という嘘で始まった五輪。フランスの司法当局が、JOCの竹田恒和・前会長を贈賄容疑の捜査したり……東京五輪には「嘘」と「不正」の臭いがプンプンしている。

 大水害である。消費増税、大不況……である。本来なら「金儲けの五輪なんて止めてしまえ!」と言いたい。

 でも、貧乏国の日本は五輪にカネを使ってしまった。もはや、中止する訳にもいかないだろう。  

 マラソンは札幌!なんて言っても「8月の札幌」も暑い。

 そこで、提案がある。

 東京五輪を「8月開催」と「10月開催」の二部性にするのだ。

 マラソンは10月に東京で走れば良いじゃないか!

 

<何だか分からない今日の名文句>

五輪夢中が「五里霧中」(笑)