Author Archives: 牧 太郎

ドイツで「極右クーデター」未遂。首謀者「ハインリヒ13世」とは?

 ドイツ検察は7日、テロ組織に参加した疑いなどで、極右勢力のメンバーら25人を拘束した!と発表した。

 政府転覆を狙って連邦議会議事堂の襲撃を企てた疑いだそうだが、首謀者の1人は「ハインリヒ13世」と名乗る古い貴族「ロイス家」の末裔。

 ロイス家(Haus Reuß)は12世紀、神聖ローマ皇帝の城代(Vogt)から領主・伯へと発展した一族。現チューリンゲン州の一部は1918年まで、ロイス家の領地だった。

 この家では男子全員に「ハインリヒ」を名乗る。

 「ハインリヒ13世」は、神聖ローマ帝国諸侯として認められ、侯国となっていたが、1802年、領地が大火に見舞われ、苦労したが「歴史的な名君」として評価されているらしい。

 (この頃 神聖ローマ帝国が解散。ドイツの35の領邦と4つの帝国自由都市との連合体「ドイツ連邦」が誕生している)

 連邦誕生のヒーローの一人なのか? よくわからないが……

 代々「ハインリヒ」を名乗るロイス家。その末裔の71歳の老人がクーデターの首謀者?

 極右が侯爵家の末裔をかつぎあげて共和国打倒を目指す?何て「時代遅れ」だ。

 でも気になるのは「陸軍特殊戦団(KSK)」の関連である。

 地元紙は、警察はクーデターに参加した陸軍特殊戦団の隊員の自宅、シュトゥットガルト南西部カルフのグラーフ・ツェッペリン軍事基地の自室を捜索した!と伝えている。

 特殊部隊というのは、得手して「極右思想」の塊になるケースが多い。

 この事件、日本では余り報道されていないが……格差、貧困の日本でも、この種のクーデターが起こっても不思議ではない。

<何だか分からない今日の名文句>

ドイツのクーデターの標的は

「儲けすぎ」軍産複合体?